無料
エロ
動画

変態マゾ性癖の部屋

こんにちは。ドMな変態男です。寝取られ、劣位の三角関係、女性上位等々、、、小説書いたり、色々レビューみたいなこともしていきます。

利用規約

このブログを通報

Report Abuse

エログ

フルHDエロ動画

ライブ配信のお仕事

アダルトSNSモンロー

アダルト動画が見放題

僕の日常2

2012-03-15 Thu 01:02:56

男に貫かれている義母と目が合った。
しかし、すぐに視線はそらされてしまう。
義母は
「ごめんなさい」
といっているように表情を動かした。

上から男が言葉を続ける。種田というらしい。
「まあ、状況は理解できたと思うけど、どう?」
「どう?ったってしゃべれねぇじゃんか」
横に立っている男、佐藤が少し笑いながら言う。
「まあ、それはそうなんだけどさ。まあ、ってゆう訳で、この家は僕らが占拠させていただきました。これからは3号も4号も弟君も、俺らがじっくり調教してあげるから、楽しみにねー!」
その場にいた全員が笑い声を上げる。
僕は、ただただ絶望感に打ちひしがれているだけだった。

「しかし奥さんケツでかいねぇ。はかったら94もあったよ。」
「早くかわってくんねぇかな」
「そろそろメシ食おうぜ、腹減ったよ」

とりとめもない彼らの会話が続く。
義母は射精後の男のチンポをお掃除フェラしている。
その目には涙が溢れている。
姉はフェラを終え、違う男に突かれ、僕が今まで聞いたことの無いような声を上げて鳴いている。

「さて、いこうか」
僕を縛り上げた4人が私を担ぎ上げる。
そうして居間を出て、玄関に近ずくとインターホンがなった。
「誰だ?」
「ああ、そういえば由香たちが遅れてくるっていってたぞ」
種田がドアをあける。
ドアの外から私服の男女が5人入ってきた。
「おお、由香、ちょうどよかった。ちょっときてくれよ。ああ、竹田も」
「なに?そいつ・・・?」
私を見て竹田と呼ばれた女子が言う
「ああ、3号と4号の弟君だよ。さっき帰ってきたんだ。ほんで今からこいつを調教するから二人ともきてくれよ」
「いいけど・・・なにやるの?」
「バカ、鈴木が計画してただろ?こいつの調教計画。」
「ああ、そうか。いいよ。」
「あ、お前らはいっていいよ。居間でやってるから」
残りの男三人に佐藤が言う。
そうして連れてこられたのは僕の部屋だった。

ドアを開け、部屋に入る。
一見、今まで通りの僕の部屋だが、よく見るとパソコンの周りには、僕のものでないモニターを始めとして、ごちゃごちゃと機材が置かれていた。

「ああ、ごめんね、勝手に内装変えちゃったんだよ」
そういうと、男たちは担ぎ上げていた私を静かにおろし、口を塞いでいたガムテープを剥ぎ取った。
こんな状況の中、思わず最初に口にした言葉は
「ち、調教って・・・僕をどうするつもりですか・・・?」
だった。声は少し震えていた。

連中は、「義母と姉を心配する」言葉が出ると思っていたらしく、思わず口にした「自分のみを案じる」言葉を聞いて全員が吹き出していた。

「はははっ、お前最高だね!まさかここで自分の事だけを心配してるなんて。」
私は思わず顔が赤くなってしまった。

「まあ、いいや」
ひとしきり笑った後、種田が説明を始めた。
「俺が調教なんて言うからびびっちゃったんだな。ごめんごめん。いやぁ、最初はその予定だったんだよ。こっちには男が好きなやつとか、いわゆる両刀使いとかがいるもんでね。連中に任せようかという話だったんだよ、最初はね。でも鈴木のやつがさ、それじゃあ面白くないってんで予定を変えたんだよ。それでさ・・・」

種田がポケットから封筒を取り出す。
そしてその中のものをぶちまけた。

「とりあえず、この写真を見てみな」

写真が散乱した床に目をやる。
と、そこには僕の姿が映っていた。。。
それも僕が家族に隠れてやっていた、義母や姉の下着を使っての変態自慰行為の写真だった。
僕は全身に震えを感じ、その場にへたり込んでしまった。

種田が、僕の反応に満足そうに頷きながら言葉を続ける。

「こんな変態弟君には、とりあえず自由を差し上げますよ。これから俺らが3号と4号を調教してゆく様を、この部屋に設置したモニターで存分に見れるようにしておくからさ。好きなだけオナニーしてよ!」

佐藤が言葉を続ける。

「ただし、お前が自由にしていいのはこの2階部分だけだ。絶対に一階には下りてくるなよ。幸い二階にもシャワーもトイレもある。生活に不自由はしないだろ。帰宅したらすぐに二階に駆け上がって、絶対に下りてくんな。」

呆然と言葉を聴く僕に、一緒に二階に上がってきた「由香」という女性が僕の髪の毛をつかみ、語りかける。

「あと、わかってると思うけど、アンタがこのことを誰かに話そうとしたら、3号や4号の恥ずかしい写真やら動画をネットでばら撒くのは当然として、アンタの変態オナニー写真もばら撒くからね。そんでもって、これから一週間は外出禁止ね。ずーっとこの二階で過ごしなさい。」

強い口調で僕に言い聞かせた後、由香は軽く笑みを浮かべて優しく語りだした。

「まあ、言うとおりにしてたら、私らが気持ちいいことしてあげるからさ!アンタを悪いようにはしないよ。気持ちいいの好きでしょ?私らに任せといて!」





コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
close