無料
エロ
動画

変態マゾ性癖の部屋

こんにちは。ドMな変態男です。寝取られ、劣位の三角関係、女性上位等々、、、小説書いたり、色々レビューみたいなこともしていきます。

利用規約

このブログを通報

Report Abuse

エログ

フルHDエロ動画

ライブ配信のお仕事

アダルトSNSモンロー

アダルト動画が見放題

僕の日常 その1

2012-03-13 Tue 12:35:55

僕の名前は隆春、20歳。義母は文恵、38歳。義母の連れ子の姉は良子22歳。
3年前に父を亡くし、それからは3人で仲良く暮らして来ました。

つたない文章ですが、少しづつ書いていきたいと思います。

去年の夏。

大学に入って一年目の僕は、夏休みを利用して仲間達と共に、長野の民宿へ一ヶ月住み込みのバイトに行っていました。
色々な事がありましたが、まとめればとても楽しい一ヶ月でした。
そしてようやく帰宅の日。
久しぶりの母と姉に会える事を楽しみに家に到着しました。

「ただいま」
玄関のドアを開けた時、「生臭い」としか言いようのないムワッとした匂いがしました。なんだろう?と思いながら居間へ向かい、そのドアを開けようとしたその時、僕は何者かに羽交い絞めにされ、そのまま手足を縛られ口をふさがれ、居間に引きずり込まれました。
そして僕の目に飛び込んできた光景は、義母と姉の陵辱される姿でした。テーブルなどの家具は部屋の片隅に移動させられ、部屋の中はコンビニ弁当や菓子の袋などで散らかり放題。
その中で複数の男に二人は犯され続けていました。

姉は、ソファーに我が物顔で座りながらタバコをふかしている男の股間に顔をうずめており、その股間には極太のバイブが挿入されて、腰をうねらしていました。

そして義母は四つんばいの格好でバックから突かれており、口もまた違う男にチンポで突かれ、いわゆるイラマチオの状態で責められていました。

なぜこんなことになっているのか。
わけもわからず呆然としていると、僕を引きずり込んだ男が話しかけてきました。

「お帰り、弟さん。君がいないとお義母さんとお姉ちゃんが寂しいって俺らにねだるもんだから、ずっとこうやって相手をしてあげてたんだよ。びっくりした?」
「そりゃあ、びびるだろ」
笑いながらもう一人の男が言う。
「実はね、良子は大学に入ってからね。
俺らのペットになってたんだよ」

僕に背を向けた状態で懸命にフェラを続ける姉を指差しながら男は言う。
「そんでそのまま、、、うーん。もう二年くらいかな。ずーっと俺らの便所になってくれてたんだよ」

「ペット」や「便所」という言葉の意味はすぐにはよくわからなかった。
ただ、姉が何年もつらい目にあっており、それを家族の前では出さなかった。
ということだけはわかりました。

「でね。弟の君が一ヶ月いなくなるって言うからね、その間にこの家を乗っ取ってやろうかと思って!」

そう言いながら男はニヤリと笑いました。
「君がバイトに出かけた次の日からかな。仲間でこの家に乗り込んでね。まずは文恵を便所4号にしてやろうと思って。写真で見て、年の割りにキレイな女って事はわかってたからね。旦那さんを亡くしてご無沙汰だったからだろうなあ。。。抵抗するかと思ったら、意外と早く従順になっちゃって、拍子抜けってヤツ?」

頭がクラクラしてきた僕に、さらに男は続ける。

「あ、ちなみに良子は便所3号ね。あと1号と2号もいるけど、今度それは紹介するよ。」

僕がバイトに行っていた一ヶ月で起こった出来事。
そしてこれから起こる出来事。

そしてこれは約1年前のお話。
現在に繋がるまで、頑張って書いていこうと思います。




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
close