無料
エロ
動画

変態マゾ性癖の部屋

こんにちは。ドMな変態男です。寝取られ、劣位の三角関係、女性上位等々、、、小説書いたり、色々レビューみたいなこともしていきます。

利用規約

このブログを通報

Report Abuse

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

甘美な苦しみ

2012-05-27 Sun 09:23:13

貞操帯は男の射精を禁止する道具です。
 貞操帯をつけることによって セックスはもちろん、自分でオナニーをすることさえ完全に不可能になります。
男にとって射精は最大の喜びであり、射精を奪うことは男の最大の欲望を奪うことになります。
射精を禁止された男は時間を追うごとに性欲が高まり、限界に達すると溜まった性欲でもがき苦しむことになります。
その苦しみから解放させるのは鍵を手にするあなただけです。ただひたすら射精を我慢させるのは逆効果なので、
ちゃんとご褒美も与えながら調教していきます。
 最初は短い間隔で、毎日でも手で射精させてあげます。信じられないかもしれませんが健康的な男は一日溜まる
だけでツライのです。まずは、あなたの手で射精させられる快感を覚えこませます。その男にとって射精できるのは
あなたの手だけです。しかも、あなたが許した時のみ男は性欲を満たすことができるのです。
 男の性欲は絶対的なのはあなたが大人の女性なら理解いただけるでしょう?
 今後、彼はあなたなしでは生きられなくなります。

 射精させる時は注意が必要です。貞操帯をはずす前に、自分でさわることができないように後ろ手でしっかり縛ります。
射精させるのはあなたの手であり、彼の手で射精をさせてはいけません。
貞操帯はずしている間は彼に自由を与えてはいけません。
また、貞操帯をはずしても射精を簡単にさせてはいけません。
じっくり時間をかけて生殺しにすることが大切です。苦しむだけ苦しませ、
やっとの思いで射精できたことで そのありがたみを思い知るようになります。

 そのうち、彼がなにか粗相をしたときに、射精の禁止を短い間隔で言い渡します
。彼は射精が数日禁止されることによって絶望の淵に落とされます。男が何日も射精出来ない苦しみは女性の想像以上です。
1日溜まるごとにその苦しみは増加します。普段も男はセックスの許しをもらう為に女性に一生懸命尽くすでしょう?
プレゼントをしたり、車で送り迎えをしたり。。たとえその日セックスができなくても男はオナニーをして
その日の欲望を発散することができます。 しかし、貞操帯をつけた男はそれさえもできません。
おあずけをくらった犬のように、ただ苦しむだけです。あなたが鍵を持ったその日から彼はあなたに尽くすことになります。
あなたは尽くしてもらったご褒美として射精の許可をしてあげればいいのです。
ご褒美に射精させてもらうのがクセになるようにします。定期的に(週2〜3くらいがいいのかな?)射精させてあげて、
お仕置きの時は1週間禁止とか。 1週間禁止のお仕置きは男にとって拷問に近いくらいほどの苦しみになります。
それ以上の禁止は気が狂うかもしれないのでよほどのことが無い限りやめたほうがいいでしょう。

 ご褒美を与えつつ、禁止の苦しみを覚えさせる 。禁止中は、あなたが満足したらご褒美に射精させてあげる、
と伝えましょう。あなたの気分次第で射精させるかさせないかを決めるのです。
男は射精禁止の苦しみから開放されたいがためにあなたに従うことを誓うでしょう。
貞操帯をはずす前に土下座をさせることも関係をはっきりさせるために効果的です。後ろ手に縛り、土下座をさせ、
あそこを触ってください、と言わせましょう。彼が言うことをきかなかったり、あなたの気分を害したりしたら禁止期間が
1日延びることを伝えます。しだいに男はあなたの許しをもらうためになんでもするようになります。
貞操帯の鍵を管理することによってあなたは従順な奴隷を手に入れることが出来るのです。
射精のご褒美をちらつかせるだけで、男はあなたにひれ伏すことになります。



徹底した射精コントロールに・・・・

2012-05-27 Sun 09:22:03


私は今、元レースクィーンという女王様に飼われています。
彼女は当然のように私よりずっと長身で、セクシーです。
鞭や縄を使ってのSMプレイというより、ずっとソフトな
禁欲プレイを受けています。
知り合って3年にもなりますが、私はいまだに彼女のアソコは
おろか、オッパイすら見せてもらえません。
当然SEXもさせてはもらえません。
それよりきついのは、滅多に私に射精を許してくれないことです。
顔面騎乗されて、(彼女は水着などをはいたままで)ペニスを
触られたり、強力なバイブを当てられたりと、プレイ中は
全く休むことも許されず、勃起し続けさせられるのです。
彼女の好きな水着プレイでは、黒エナメルのビキニを着た彼女に
立ったまま壁際に押し付けられて、ペニスをいじられたり、
ショルダーレスのハイレグ水着を着用なされている時は、
格闘プレイにもちこまれ、痛いことや熱いことは全くされませんが、
「常にカタクしておくのよ」と命じられている私のペニスを
発射寸前まで追いつめるのです。
そして私が我慢の限界を告げると、乳首を捻り上げられ、
強烈なビンタや蹴りをくらい、イク事をそらされてしまうのです。
今まで彼女の前で粗相したとは、ほんの数回・・・・
最近はオナニー管理もされ始め、今私は彼女に強制的に
装着された貞操帯をつけられ、彼女の隣で半泣き状態で
これを打っています・・・・
前は家に帰してもらえましたが、もう二週間近い監禁状態・・・・

だ、誰か助けて下さい・・・・
ア、ア、さわらないで・・・・、やめて下さい・・・・

滴り落ちるマン汁

2012-05-27 Sun 09:20:28

潮吹き人妻みさこさん。ひたすらクリに微弱ローターを当てる。何度も逝ってしまうが、マン穴から白濁としたドロッとした液が垂れ落ちてくる。さらに振動を当て続ける。白濁液が出やすいように透明クスコで穴を広げてひたすら微弱振動を当て続けると、見たこともない物体、塊がマン穴から飛び出してくる
この動画をダウンロード
みさこ  / 

動画提供サイト Hey動画

警告

2012-05-21 Mon 00:21:00


射精管理の投稿を見つけたのでちょっとだけ書きます。

自分はNEOSTEELの貞操帯を常時嵌められているものですが、貞操帯で射精管理されるのはそれなりの覚悟が必要です。
できれば、私のお薦めとしては、プレイレベルに止めておいたほうが良いと思います。普段の生活から貞操帯で管理され自分でチンポを触れないのは、正直、激苦痛です。
自分は月に一回から二回程度、ミルキングで精液を出されますが、四六時中射精のことしか考えられなくなります。
あと、自分の場合はほとんどミルキングだけなので、普通にチンポへの刺激で射精はほとんどありません。
学生の頃から管理されていて、今は現場作業員のバイトをしていますが、ご主人さまが鬼畜なことを考えれば考えるほど、自分は精液を排泄するために、その鬼畜なアイデアに服従しなくてはいけなくなります。
射精的な満足を最終的に求める場合は貞操帯はリスクが高いと思います。

自分は、もう、まともに射精させてもらえないとあきらめているのでいいですが、そうなりたくない場合はお薦めしません。

エッチな4610 山根 裕香

2012-05-21 Mon 00:19:48

彼氏とラブラブという裕香ちゃん。でもオナニーも大好きなエッチ娘!電マ&ローターを当てると喘ぎまくりの感度良好マンコ。恥ずかしそうに露出もやってくれました!
この動画をダウンロード
山根 裕香  / 

動画提供サイト Hey動画

奴隷夫婦

2012-05-20 Sun 00:52:13


結婚4年目、29歳になる夫婦です。これから私たち夫婦のことを告白しま
す。昨年あたりから私たちのセックスがマンネリしてきて刺激が足りなくな
ってきました。なにか刺激を見つけようと思い色々ためしてもみました。テ
レクラに電話して旦那にテレフォンセックスをみせたり、エッチしながらテ
レクラに電話したり、お互い公認で他人としてみたりしましたが興奮するす
るのはその場だけでどれもすぐにあきてしまいました。         
 昨年の7月頃だと思いました。旦那とネットをみていたら奴隷募集の掲示
板をみつけました。もともと旦那はSタイプなので私だけ奴隷として扱われ
ると思い「それでは今までとたいして変わらない」と拒否したのですが旦那
が「夫婦で奴隷になろう。それも自分達より若い夫婦かカップルの」と言い
出しました。Sっ気が強い旦那にそのようなことは無理のような気がしたの
ですが新しい試みでしたのでしてみることにしました。 
        
 いざ探し始めると夫婦ともに奴隷にする。まして夫婦やカップルの奴隷に
するというのはなかなか見つからないのです。そのような関係の雑誌や掲示
板にも載せたのですがすべてひやかしでした。確かにそんな夫婦なんかなか
なかいるわけないので相手だって信用しないですよね。あきらめてハプニン
グバーなので1夜だけでもみつけようと旦那と話していたのですが、10月
になって相手がみつかりました。それも私たちの住まいからほどほど近い距
離のカップルです。男性が24歳、女性が26歳で女性のほうがSのカップ
ルです。メールで少しやりとりして電話で話して私たち夫婦のことを分かっ
てもらい待ち合わせすることになりました。会う3日前から私たちはお互い
にセックスはしないようにしました。そのほうが興奮度も高まるからです。
二人と会って私たち夫婦を奴隷として飼うということになりました。いつま
でもというとあきるので3ヶ月という契約ということになりました。内容と
しては相手はまだ一緒に住んでいないので私たちの家で4人で生活すること
になりました。その日からいよいよ私たち夫婦の奴隷生活の始まりです。
 
 始めの頃は相手にも遠慮があったのかセックスをみせられたり相手の男性
が私の体を求めてきたりでいたってノーマルな奴隷関係でしたが日がたつに
つれてだんだんと私たちを飼うという意識が強くなってきました。土、日、
祝日を除いて私以外は昼間仕事をしているので何もないのですが、それ以外
はかなり屈辱的なことをうけます。まず部屋の中では私たちは裸でいさせら
れます。外の対応はご主人様である相手夫婦がたいていしてくれますので服
を着ることはまずないのです。食事のときは相手が食べ残したものを食べま
す。それも床のうえで首輪をつけられて、手で食べさせられます。旦那は相
手の男性に叩かれ、馬鹿にされ、喜ばなければいけないのです。かわいそう
に思うのですが私はあそこが濡れてどうしようもない位興奮します。その姿
をみて女性は私のことをいじめはじめます。手を縛られあそこにバイブをい
れようとしますが、そこでいじわるされて寸前にバイブをおかれます。ほし
くて無理にいれようとしてもまたはなされます。旦那もそれをみて興奮して
います。私たち夫婦が興奮してもご主人様はセックスをさせることを許して
はくれません。ご主人様達のセックスもみるだけです。その脇で私たちはお
互い届かない距離でつながれみていなければならないのです。そんなの見せ
られ旦那は我慢できるわけないです。オナニーは許されているので旦那は所
かまわず始めるのですがいったあとは自分のだしたものを口にいれないとい
けないのです。その後またご主人様達に馬鹿にされていじめられているので
す。それでも旦那はいったことにたいしてお礼を述べないとならないので
す。その姿をみて私もみじめな気持ちになります。いつまでもそれではだめ
だとご主人様は思ったのか、セックスの許可がでたのです。でも私とではあ
りません。「女性を買え」ということです。それも「私の横でその女を抱
け」ということです。そんなのは私はないと思っていましたがちゃんとご主
人さまは調べていたのです。旦那はご主人様からそのお金を頂き女性を家に
呼びました。旦那もセックスを我慢していかせいか異常な興奮にかられてい
ます。ご主人様は旦那を軽蔑な目で笑いながらみています。旦那がセックス
するときは私だけみせられました。来た女性は韓国の人です。彼女たちはお
金でわりきっているせいか私がいてもいいということでした。ただ首輪でつ
ながれて裸でいる私の姿をみたときはさすがにびっくりしていました。がそ
れもだんだんと馬鹿な人を見る目にかわってきて相手にしてくれません。旦
那がしているとき私は脇でみていたのですが、それがまた異常な嫉妬にから
れました。以前も別な相手をお互いにだいてもらったりはしていたのです
が、この状態で私も我慢しているのに旦那だけして、まして脇でみていなけ
ればならないのはつらいです。それも女性は韓国人でゴムもしていないので
す。こんな屈辱のなかでも私はオナニーをしているのがみじめです。その彼
女が帰った後旦那はご主人様にまたののしられていましたが、このことで完
全に相手の奴隷となりました。
                    
 私はあいかわず1ヶ月すぎてもセックスはご主人様の相手だけです。それ
も相手がすぐにいくのでほんの少しだけです。オナニーのみは許されるので
誰もいないときにテレクラに電話してテレフォンセックスをしています。こ
こまで感じたテレエッチは経験ありませんでした。それがこの1ヶ月の私の
楽しみでもありました。
                       
 私たち夫婦のトイレはお風呂場です。旦那がいるときは一緒にいってしな
ければなりません。おしっこは旦那にみせたことがあるので抵抗はなかった
のですがうんちはさすがに抵抗はありましたが、飼ってもらっているご主人
さまの命令ですのですべて旦那の前でしています。時には命令でうんちをし
たおしりを口でなめなければいけないときもあります。その時はご主人さま
カップルの前でします。もちろんそのときも軽蔑され笑われています。臭い
し、きたないしいいものではないのですが「これが奴隷かな」と実感すると
きでもあります。それと私はご主人様達がセックスでいったあとお腹の上で
出した彼の処理をお口でします。きれいになめないといけないのです。ご主
人様たちにおしりなどを叩かれながらなめるのです。なめたあとお礼をいわ
なければならないのがまた屈辱で興奮します。
             
 このような生活が約2ヶ月続きました。あいかわらず私は満足にセックス
をしてもらえません。(旦那はその間3回ほど女性をだきました)私はご主人
様に「旦那を含めて誰でもいいのでしたい」とお願いしました。正直オナニ
ーのみでは限界でした。「このまま待てば契約も終わるからとも」思ったの
ですが性欲にはかてません。まともにセックスを2ヶ月もしない生活なんて
セックスを覚えてからありませんでした。ましてこの状況です。ようやくご
主人様が話をきいてくれました。
                   
 契約期間も残りわずかということもありご主人様達も最後にとどめをさし
てやろうという気持ちもあったとおもいます。「そんなにしたいなら私に1
週間風俗で働いて来い」というのです。確かに旦那と公認では知らない男性
としたことがありますが、その男性だってある程度私が気に入らないとやら
なかったのに、それにご主人様もいいと思ったから体を許していたのに「そ
れは無理です」といいました。しかし旦那は完全に奴隷化しているのでなに
もいいません。私が説得しても「命令だ」としかいいません。それどころか
その話をしているとき旦那のあそこはたっているのです。それをみた瞬間私
はまた変態なのか興奮してしまい決心しました。やりたい気持ちも強く今な
ら誰でもできるという気持ちもあったのです。ただ「29歳という年齢でそ
んなのできるのかな?」というのもありました。求人誌で探して面接できる
ところにいきました。長くなるつもりはないので体験ということで働くこと
になりました。勤めにいくときご主人様から「2、3日したら旦那を店にい
かせるから、風俗で働くお前の姿をみせろ」といわれました。私は恥ずかし
いのとそこにくる旦那の気持ちを考えるとなんともいえない屈辱にさらされ
ました。風俗未体験の私はなにも知らずに店にいきます。定員さんに簡単に
説明されたあとはもう1人です。働くのは昼間のみなので夜はまた奴隷生活
に戻るのですが久しぶりに服を着て外にでられるのはなんともいえない開放
感でした。お店の中でお客を待つときも簡単な服は着ていられます。緊張も
ありましたがやりたい気持ちが強くあそこはかなり濡れています。店の方針
でセックスは禁止とはいわれたのですが、臨機応変でいいともいわれまし
た。昼間の6時間位なのでお客はせいぜい2、3人でしたが初日の始めての
お客にはかなり燃えてしまいました。普段なら絶対こんな奴とはしないよう
な相手なのにめちゃくちゃ感じました。「自分でこれをするために2ヶ月ち
ょっとの奴隷生活をしたのかな」とも思いました。洗わないでによいのした
あそこもなめます。それでも私はうれしくてたまりません。店の仕事が終わ
ってご主人様や旦那の帰りを待っていても悶々とした気持ちはそんなになく
なりました。でも誰もそのことはききません。店のことをご主人様に話をし
ようとしても「全く興味ない」といった感じで相手にしてくれません。店は
日払いなので稼いだお金は一旦ご主人様に渡すのですが、それを旦那に渡し
て女性を買わせます。旦那は私が稼いだお金なのにご主人様にお礼をいって
います。それでもやっぱり旦那が他の女性とエッチしている所をみるのはな
んともいえない屈辱感になります。おそらく旦那も昼間同じ様な気持ちにな
っているはずです。私たち夫婦は本当に奴隷なのだと実感できます。   
 店に勤めて3日目本当に旦那が店にきました。店はマジックミラーでの指
名なので旦那は私を指名しました。その場所では私たちは夫婦ではなくお客
と従業員なのでもちろんサービスしなければなりません。旦那とはセックス
はしませんでした。ただあそこをさわっていかせただけでした。でも旦那も
私も今まで味わったことのない興奮になりました。旦那とおわってその日は
休みのせいか店もたてこんでいて私はすぐに他の客の相手になりました。帰
り際客に指名されていく私の姿をうらめしそうにみていたのは印象的でし
た。もちろん他のお客とはセックスをしていました。こうして私の風俗での
仕事は終わりました。抵抗はありましたが色々な男性とセックスしてしまっ
た自分に罪悪感より満足感がありました。充実した1週間でした。    
 奴隷契約がそろそろ終わろうとしたときご主人様達が「私たち夫婦のセッ
クスをみせろ」といいました。もちろん逆らうわけもありませんし、そんな
こともできませんので、ご主人様にいわれるとうりにセックスをお見せしま
した。私たち夫婦でするのは久しぶりでもあり、今までのこともあったので
めちゃくちゃどうしようもないセックスをしました。お互いなめあい、入れ
てはだしての繰り返しで獣のようにしました。途中からご主人様達もはいっ
つてきました。「4人で乱交まがいにするか」とおもったら彼女が浣腸をと
りだし彼氏し浣腸をしました。もともとS女M男のカップルなので当然なの
ですが二人も主人という立場からそれを封印していたのですが、最後にそれ
を見せ始めました。ただ立場はあくまでもカップルの奴隷ということで私た
ちは彼氏以下ではあることに変わりありません。「彼氏が浣腸してうんちし
たおしりを私たち夫婦できれいになめろ」ということです。おそらく今回の
奴隷生活のなかで一番の屈辱的な出来事です。この3ヶ月の間、数々のこと
をされましたがそれも望んだことだったので耐えられましたけど、人の彼氏
のうんちした後のおしりをなめるなんてとうていできないです。それも私だ
けなら旦那にそっぽむいてもらってどうにかしますけど旦那までそれをする
のが私には許しませんでした。それでもご主人様は容赦なく私たち夫婦をひ
きずって彼氏のおしりに顔をもっていきました。さすがの旦那もそれには抵
抗していましたが、観念したのかなめはじめました。夫婦で他人のおしりを
きれいになめている姿は言葉では言い表せないほどみじめです。きたないと
か、くさいとかいうよりとにかくみじめでした。なめ終わった後も口はきれ
いにしてもらえずキスをさせられました。そしてまたセックスを強要させら
れました。その時はもうどうにでもいいとお互い感じてご主人さまのうんち
をつけながら二人でやりました。もちろんご主人様からはあいかわずの罵声
などをあびましたがそれが快感でした。最後の夜は4人で入り乱れてセック
スをしました。契約が終わる安堵感と寂しさがありました。家を去るときご
主人様たちが意外なことをいいました。「今度は自分達を奴隷にしてほし
い」といってきたのです。はたしてそんな逆ができるか私たちは迷いました
が旦那も奴隷生活はあきたのか了解しました。ついこの間までその生活をし
ていたのでそれはまた今度話します。とりあえず私たち夫婦の奴隷生活は終
わりました。こんな狂った夫婦他にはいないと思ったので告白しました。で
も旦那との奴隷生活はよかったですよ。


超萌え萌えメイドのトイレ指オナニー盗撮1

2012-05-20 Sun 00:48:55

超萌え萌えの人気の可愛いメイド達が、仕事の合間にこっそりトイレでオナニーしている姿を隠し撮りした映像を公開!最初はおとなしい彼女たちだがだんだん、興奮してきて指をクチュクチュ音をたてて声を荒げて絶叫してイキまくる!
この動画をダウンロード
素人  / 

動画提供サイト Hey動画

新たな出発

2012-05-18 Fri 12:21:47



 踏み台に右足をかけた瞬間、ケンイチの膝がふるえた。
 覚悟を決めたとはいうものの、やはり怖い。後ろ手にはめられた手錠のためバランスが取りにくく、危うく倒れそうになったけど、なんとか踏みとどまった。
 ケンイチは全裸で、股間のものは縮み上がっていたけど、体の動きに合わせてぶらんと揺れた。ほんの2mほど前で椅子に座ってケンイチの様子を眺めているメグミが、そのケンイチの姿に一瞬笑顔を見せた。
 かろうじて踏み台の上に立ったものの、ケンイチの膝は離れてみるメグミの目にもはっきりと判るほどブルブルとふるえている。はあはあ、と息を乱し、全身が泡立っているのは、けっして寒いからではない。恐怖がケンイチを支配しているのだ。
 ケンイチの目前には太いロープの輪がぶら下がっている。ロープは天井の梁につながっている。まるで絞首台のように?いや、文字通り、ここはケンイチの人生の最後を飾る絞首台なのだ...。
 ほんの僅かな時間躊躇したものの、メグミの視線を感じたケンイチは、その輪の中に自分の頭部を通し、のどにロープがあたるのを確認した。
「メグミ様...」かすれる声。語尾がふるえる。
「ケンイチ、ご苦労だったね。最後に何か...」



 1ヶ月間、ケンイチはメグミのもとで奴隷としての調教を受けた。
 元来、自分のマゾ気質をイヤというほど意識していたケンイチは、偶然知り合ったメグミがサディストであることを知った。
 ケンイチにはマゾ奴隷として女性に接した経験どころか、学校を卒業し、社会人として25歳に達する今日まで、完全な童貞だった。細身でしなやかな体つきと、整った顔立ちのケンイチが女性に縁遠かったわけではない。幼い頃から意識していた自分のマゾ気質をどうしても相手の女性に告白することができなかったし、それ故、今1歩積極的に踏み込むことができずにいたのだ。
 しかし、自分のマゾ気質を満足するため風俗店に行くようなケンイチではなかった。
 メグミと知り合ったとき、彼女の方がそんなケンイチの気質を見抜いた。
「私はサディストなの」転がるような軽やかな口調で告白するメグミ。
 美少女の面影を残し、薄い化粧があどけなさすら感じさせるメグミからは想像もできない言葉。
「・・・」
「あなた、マゾ気があるのよね。それも、かなり強いはず」
 濡れた瞳でケンイチを見つめながら断定するメグミに、ケンイチは思わず跪き、これまでの自分の苦悩と持て余すマゾ性のすべてを告白していた。そして、そんな性癖が女性との関係を制限していたことも。妄想を一度も経験できず、観念マゾとして悶々と暮らしてきたことを。
「ぼくは、愛する女性のために自分のすべてを捧げて奉仕する人生を送りたいのです」
 ケンイチの言葉に、うなずいたメグミは想像もしないような提案をした。
「私は専属の奴隷をずっと捜しているの。条件は、自分の生活も人生もすべて放棄し、私のために際限なく尽くすこと。もちろん、今までの生活のすべてを捨てさせて私の家で飼うことになるわ。
 そして生涯私のもとで奴隷として生きていくの。誠心誠意私に尽くしたご褒美に鞭打たれ、虐待され、それに感謝しながら暮らすことになる、永遠に...。開放されるのは死ぬときね。もちろん、私が望めば、その場で命を捧げてもらうのよ」
 まるで夕べ見た映画の話でもするようにニコニコとほほえみながら語りかけるメグミの言葉にケンイチは運命の戦慄を覚えた。
「メグミ様...」ケンイチはごく自然に崇拝の言葉をつぶやく。
「メグミ様、ぼくをケンイチをどうかおそばに...」
 マゾ奴隷として生きる自分を想像し、ケンイチは興奮した。これまで経験したことの無い激しい勃起が股間を突き上げる。ケンイチは跪いたまま頭を垂れ、メグミの美しい御足に唇を寄せ、パンプスの甲に口づけをした。
「条件があるのよ」メグミのもう一方のパンプスがケンイチの後頭部に載せられる。
「1つは自分の人生のすべてを捨てて私のもとに来ること。もう1つは私の生涯奴隷としてふさわしいかどうか、1ヶ月間試用してみて、合格して初めて採用すること。もちろん、試用期間の1ヶ月も手加減したり特別扱いする訳じゃないから、相当きついはずよ。合格したら、その後もずっと私のもとで奴隷として暮らしてもらうわ」
「あの...、もし不合格なら...」
「そのときは、そうね。そのままほっぽりだすと行き場がないのね。1ヶ月の試用、っていっても、すべてを捨てて来てもらうわけだから帰るところは無いわよね。
 あはは。じゃあ、死になさい」
 笑顔で語りかけるメグミの様子にケンイチは冗談だと思っていた。不合格ならその時点で捨てられるんだ、メグミの言葉をしたためた誓約書を書かされた後も、ケンイチはそう考えていた。


 1ヶ月が過ぎ、メグミの前に土下座するケンイチの姿があった。
 今日がケンイチの奴隷試用の結果発表日である。
 全裸のケンイチの体のあちこちには1ヶ月の奴隷生活の過酷さを物語る傷跡が見られた。そして、首から下の体毛はすべてそり取られ、か細い体型とあいまって少年のように見える。
 ケンイチは椅子に腰掛けたメグミの前で額を床にすり付けながら、彼女の裁定を待っていた。
 思えば、この1ヶ月、無様な失態の連続だった。
 メグミの要求と責めは、最初から過酷で完璧さを要求するものだった。
 ハードな鞭打ちに耐えきれず泣きながら許しを請うてしまったこと...。
 大量浣腸に許可もなく漏らしてしまったこと...。
 メグミの聖水を飲みきることができず床にこぼしてしまったこと...。
 そして1ヶ月間の射精禁止を命じられていながら、調教中何度も思わず射精してしまったこと...。
 とてもメグミに満足してもらえる奴隷ではなかった。でも、一所懸命がんばった、と思い直し、一縷の望みに期待をかけてメグミの言葉を待った。


「結果は...」メグミがケンイチに冷酷な声をかけた。
「不合格!」
 ああ、予想したこととはいえ...、ケンイチは顔を上げメグミを見上げ、彼女の冷たい表情を見てがっくりとうなだれた。
「それから...」彼女は続けた。
「最初の約束通り、あなた、死になさい」
「!!!」
「不合格の奴隷に生きている資格なんかないわ。最初に言ったでしょ。死になさい」
 何か言わないと、そう思うもののケンイチは声を出すことができない。メグミの表情は冗談やうそを言っているようにはとても見えない。どうすれば...。
 メグミは立ち上がり、ケンイチの後に回って部屋を仕切っているカーテンを開けた。そこには踏み台が置かれ、天井の梁から垂れ下がったロープが揺れていた。そして、絞首用の輪がそこに。
 メグミは跪いたままのケンイチの両手を後に回し、手錠をかけ、再び椅子に戻り腰掛けると足を組み直した。
「今すぐよ」
「・・・」
「さっさとしなさい」
「・・・」
 ケンイチはのろのろと立ち上がると、一瞬メグミに視線を移し、再び目を伏せた。どうしたらいいのか、わからない。ただ、メグミが望んでいる、命令している、そう思うと、それはどうしても逆らえないことのように思えた。
 何とか踏み台の前に立ったものの躊躇していた。
「目隠しをしてやってもいいんだけど、まあ、最後くらい私を眺めながら死なせてあげるわ」
「できるだけ苦しんで楽しませてちょうだいね」
「後かたづけをやらせることができないのが残念ね」
 メグミはけらけらと笑いながらケンイチをからかったが、目はぞっとするように冷たく、ケンイチを見据えていた。まるで品定めをするように。
 そして、やっと決心をしたケンイチは震えながらもなんとか台上に上がり、非情の輪に自ら首を入れたのだった。



「メグミ様...」かすれる声。語尾がふるえる。
「ケンイチ、ご苦労だったね。最後に何か...」
 すでに命乞いをしようという気は失せていた。思えば、この1ヶ月奴隷失格の自分であった。最後に見苦しいところを見せてメグミの不興を買うことは避けたかった。最後くらい、そう、最後くらいメグミ様に喜んでもらいたい、ケンイチはそう思ったのだ。
 そう思うと、自分でも驚くほど素直にメグミへの感謝が口をついて出た。
「メグミ様、1ヶ月の間、どうもありがとうございました。
 この1ヶ月、ほんとうに幸せでした。
 でも、せっかく調教していただいたのに十分お答えできず、申し訳ありません。
 思えば、メグミ様に気に入っていただきたいと思いながら、ヘマばかりしてきました。
 やっぱり、奴隷失格ですね。死ぬのも当然です。
 人生最後の1ヶ月、ぼくはメグミ様にお仕えできて、本当に本当に幸せでした。
 不合格とはなったけど、メグミ様の奴隷としてメグミ様の目の前で死んでいけるなんて、幸せです。
 感謝しています。
 本当にありがとうございました...」
 最後の方は、涙が混じり、嗚咽で言葉が不明瞭になったが、ケンイチはしっかりと自分の思いをメグミに伝えた。決心が心に落ち着きを取り戻し、縮み上がっていた股間のものは、いつのまにか男としての姿を取り戻し、大きく勃起していた。性的興奮ではない。愛する女王様に殉教する信仰的興奮がケンイチを高ぶらせ始めていたのだ。
「メグミ様、ありがとうございました。さようなら」
 ケンイチはメグミに最後を告げると、思い切り踏み台を蹴り倒した。
 体が落下する。
 ロープがケンイチの頸部にまとわりつき、締め上げる。
 ぐぎゅうっ、とおかしな音がして息ができなくなり、ケンイチの...意識は...急速に闇に包まれていった。ただ、意識がとぎれるその刹那、ケンイチは膝に衝撃を感じたような気がしたが、すぐに意識はなくなっていった。



 どれほどの時が流れたのだろう。
 うめき声が闇の中でこだましている。
 ケンイチはぼんやりと、そして少しずつ意識が回復していくのを自覚していた。うめき声が自分の発するものであることに気が付いた。
 ここは天国???うっすらと目を開ける。まぶしい...。
 しかし天国ではなさそうだ。
 目が慣れてきて、ケンイチは仰天した。ケンイチの目前にメグミの顔が...。
「気が付いた?」
 ほほえみながらやさしく語りかけるメグミの声に意識はますますはっきりとしてくる。
 そしてケンイチは自分のおかれた状況を認識して、驚愕した。
 さっき、いや、気を失っていたのでどれほど時間が経ったのかはわからないけれど、自分が首をくくったあの部屋の中で床に横座りしたメグミの膝に頭を預け、ブランケットに包まれた体をメグミに抱きしめられているのだ。メグミは両手でそっとケンイチを抱きしめ、見下ろしている。
 あわてて起きあがろうとするケンイチ。
「ああ、もうちょっとそのままでいていいのよ」メグミは優しく制した。
「メグミ様...、ぼくは...」
 さっきの首吊りが夢でなかった証拠に声はつぶれ、のどが痛んだ。
「あのロープは強い力がかかると、ほどけるようにしていたのよ」
「・・・あ」
「でも、まあ、あれほど思い切り踏み台を倒すとは思ってなかったから、ホントに死んだかと思ったわ」
「・・・なぜ・・・」
「これはね、ケンイチの奴隷試験の最後で最大の問題だったの。私の命令に服従できるか?死ねといわれて死ねるくらい私を慕う奴隷であるか?それを試させてもらったのよ」
「そ、そんなあ」
「以前にもこのテストをしたわ。でも、その奴隷候補は泣いて命乞いをした。『助けてください』ってね。ダメだっていうと、私のことをののしるの。こんなひどい女王はいない、ってね。だめよね、そんな半端な奴隷」
 メグミは両手でそっとケンイチの頭を胸に抱えこんだ。ケンイチの頬にメグミの乳房の膨らみがあたる。ケンイチは体の奥底からこみ上げる熱い思いを抑えきれなくなっていた。堰を切ったように涙があふれ出したかと思うと、まるで幼い子供のように泣きじゃくり始めた。
「ううう、ひっく、うう」
 そしてメグミは子供を諭すように優しくケンイチの頭をなでながら続けた。
「ケンイチ、あなたは合格よ。あなたが今日の気持ちを失わない限り、一生私が飼ってあげることにするわ」
「うううー、うううー」
 後から後から涙があふれ出してきた。ケンイチはメグミの胸に顔を埋めたまま泣き続けた。
 メグミはそんなケンイチの頭を愛おしそうになでながらほほえみ続けた。
 ひとしきり泣き続けたケンイチの興奮が収まるのを見極めると、メグミはケンイチに告げた。
「さあ、ケンイチ。ご褒美はこれでおしまい。奴隷に戻るのよ」
 あわてて飛び起きたケンイチは土下座して額を床にすり付けた
「メグミ様、メグミ女王様。ケンイチは奴隷として、メグミ様に命を捧げます。これから、死ぬまで忠誠を誓い、こころから尽くしてご奉仕いたします。メグミ様がお望みになるどのような責め苦も喜んでお受けいたします」
 ケンイチの奴隷宣言にメグミは微笑み返し、命令を下した。その声は、女王にふさわしい凜とした毅然たるものではあったが、以前とは違いその奥底にケンイチへの愛情をにじませていた。
「ごらん、私のおっぱい。ほら、誰かの涙と鼻水と涎でべとべとだわ」
「ああ、申し訳ございません」ひれ伏すケンイチ。
「罰が必要なようね。ケンイチ、鞭の用意を!」
「あああ、お許しください...」
「もう一度いわせるの?」
「は、あ、はい!ただいま」
 ケンイチはあわてて部屋の隅のロッカーまで駆け出し、鞭類の入った引き出しを開けた。9房のバラ鞭を取り出して戻ろうとしたケンイチは、一瞬、動きを止めた。いつもケンイチを打つのに使われるバラ鞭のとなりに皮を編み込んでつくったしなやかな1本鞭があった。以前、1度だけ使われたことがあり、耐えることができず泣きながら許しを請うた鞭である。
 ケンイチは手にしたバラ鞭をそっともとの場所に置くと、1本鞭を取り上げた。
 メグミの前に戻って膝を落とし、うやうやしく1本鞭を差し出すケンイチに、メグミは笑顔を向けた。
「大丈夫?きついわよ」笑いながらメグミが声をかける。
 真剣な眼差しでケンイチはうなずいた。
「判ったわ。この鞭で罰を与えることにする。もう1回気を失うまで打ってやる。向こうを向いてお尻をこちらに向けるのよ」
 ケンイチは四つん這いになり、メグミに向けて尻を高々と上げ、鞭を受けるポーズを取った。
「メグミ様、ケンイチは粗相をいたしました。どうぞ、ぼろぼろになり、気を失うまで鞭で打ってください」
 1本鞭の鋭い風切り音が聞こえる。ケンイチは激しい打撃に備えて体に力を込めた。
 ケンイチの新たな奴隷生活が、今、始まろうとしている。
                              (了)

熟女悩殺ストッキング

2012-05-18 Fri 12:15:24

男の理性をも狂わせる生ストッキングの魔力に酔い痴れろっ!!
この動画をダウンロード
一条梨乃  / 

動画提供サイト Hey動画

MMカップルの希望

2012-05-15 Tue 23:46:26

MMカップルです
彼女と私の奴隷契約書みたいなのを画像入りで作ってくれる方いませんか?
画像は全裸で立ってきをつけしたのを前、横、後ろと正座して三つ指ついた正面と四つん這いで真横からと後ろから。あと胸、性器、お尻のアップの画像を送るので二人の画像使って彼女を寝取り変態肉便器奴隷化計画と私を寝取られ彼氏として一生彼女の全裸、オッパイなど見る事も禁止でペニスは勃起不可能と射精禁止にして尿道に前立腺まで曲げた管を挿入して抜けないように亀頭にピアス貫通させて金属製で玉をリングにはめて中心にピアス貫通させ左右に広がるようになって最小の時のペニスの大きさで下向きに作ったペニスケースをはめこみ二度と外せないように溶接して勃起、オナニー、射精不可能にする事と豊胸化して醜い寝取られマゾにして私の画像入れて彼氏に触れるのも禁止オッパイなど一切見せるのも禁止で彼女に私が調教される事を承知させ彼氏には下着姿で改造されていく身体を見せつけ調教はゆいつ彼女の裸が分かるビデオと写真で調教の様子を知る事になり彼女は他人棒に調教と肉体改造されていき誰のペニスでも性処理する変態肉便器奴隷にする計画書を画像入れて作ってくれませんか?
彼女のラビア、乳首、クリ、唇を肥大化と膣、アナル、口、喉、鼻の穴を拡張してアナルの内壁を露出してバラの花にして身体の下腹に彼女の性器を広げた入れ墨に胸から寝取った方のペニスと玉の実写版を入れ墨して背中には射精してるペニスを入れ墨して足には彼氏に裸を見せない射精禁止の彼氏とセックスしません。公衆肉便器です自由に射精して下さい。って入れ墨して両腕に命令されれば彼氏の肛門に拳入れる事もします。彼氏にペニスを喉まで挿入してイマラチオで便器に使い二人共ペニス専用の奴隷になる事を入れ墨で誓いますと入れてくれるような超変態な文章と内容で二人の顔出しの画像入れたのを作っって下さい

close